投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

和田靖弘監督の「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観た

イメージ
「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観てきました!


ネタバレ

学校の修学旅行でバスに乗っている神木君。
バスが事故って地獄へ直行。

この役者さんは高校生役だったり、悪い役だったり、幅広くやっておりますな。。。

地獄へ落ちた神木君を待ち受けるのは、鬼の長瀬君、桐谷君、清野さん、、、

清野さん、、、
この子がこの役!?






























ビックリ!
てっきり、まちゃまちゃあたりがやっているのかと、調べるまで思っていました、、、






















そんなこんな地獄を味わう神木君。
そんなに苦ではなさそうで、なによりも、事故で生き残ったかもしれない、片思いの彼女が生きているかもしれない事で、気持ちを確認したいことで頭がいっぱい。
その為に、転生転生を繰り返し、現世に戻る為、頑張ります。

地獄のバンド対決で認められれば、天国に行けるという話が舞い降りる。

ただ未だかつて、地獄から天国へいけた人は居ないとの事。

そのライバルとして現れたのが、現世で神木君を慕っていた、女装している皆川さん。













↑ 皆川さん  ↓  女装した皆川さん




このあたり、内容というよりは、この人めっちゃおもろかったですw


謎のコードを取得し、バンドで認められた神木君は、いざ天国へ、、、





いままで天国って、どんなところだろうって考えたことも無かったけど、
実際、映画に描かれているような世界だったりしてw

天国に行って、毎日、毎日楽しいことが有るんだろうか?
何もかも自由で、なんでも好きなことが出来てたら、そのうち飽きちゃいそう、、、

楽しいこともしなくていいくらい、煩悩がなくなるんでしょうかね?



映画に描かれているような天国と地獄であれば、地獄も楽しいのかも?
痛い系のバツは嫌ですけど


宮藤官九郎好きだし最高でした!
和田靖弘の評価としましては、★5点中★3.5

和田靖弘監督の「美女と野獣」を見てきた

イメージ
「美女と野獣(実写版)」を見てきた!


すごい好評価みたいなので、アニメは見てませんが、実写版を観てきました!

ちょっと眠くてうろ覚えの部分も有りますが、、、
カッコいい王子様が、綺麗な女性をはべらかせ、夜どうし踊っていると、みそぼらしい老女が現れる。
何故、王子様に狙いを定めて陥れたかは分かりませんが、王子様に近づき、まんまと王子様が、みそぼらしい老女を雑にあしらう、その対応にムカついた老女は魔女に返信し、王子様を野獣へと返信させた。

人間に戻る為の条件は、 バラの花が枯れる前に、野獣の状態で、人から愛されろというもの。

なんで魔女は王子様にそんな酷い仕打ちを?
以前王子様に振られた腹いせなのかな?

かたや、村で変わり者とされているエマワトソン、、、可愛い。
そんなに変わり者な感じではなかったが、そういう設定。

父に、旅の帰りに、バラの花を取ってきてとお願いするも、野獣の土地の花をもいでしまい、それを見付けた野獣は、一生牢獄にぶち込む刑に処する。
こんな重たい罪に処す野獣は悪いヤツだ、、、

でも王子様のお城で働いていた従業員たちは、王子のせいで家具に変えられているにも拘らず、王子を慕っている様子。

悪いヤツなのかな?良いヤツなのかな?、、、

牢獄に捕まっている父を助けに、エマワトソンはお城へ向かう。
父と対面したエマワトソンだが、野獣に見付かってしまい、父の代わりに投獄される。

隙を見て逃げ出すエマワトソン。
城に向かうときには大丈夫だったが、帰りは凶暴な狼が待ち受ける。
襲われそうになったところで、野獣登場。
野獣が狼を瞬殺するのかと思いきや、狼に良い感じにやられ、エマワトソンちょっと心奪われた様子。





すったもんだあって 結ばれるわけだが、、、

王子が野獣でだった時間って、そんなに長い時間じゃなかったんだー
野獣って、当初マントヒヒの設定だったらしいけど、あの野獣はかっこいい
エマワトソン可愛い

というのが和田靖弘監督の感想ですw最後の方雑










面白かった!
和田靖弘の評価としましては、★5点中★3.8