和田靖弘監督の「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観た

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観てきました!


ネタバレ

学校の修学旅行でバスに乗っている神木君。
バスが事故って地獄へ直行。

この役者さんは高校生役だったり、悪い役だったり、幅広くやっておりますな。。。

地獄へ落ちた神木君を待ち受けるのは、鬼の長瀬君、桐谷君、清野さん、、、

清野さん、、、
この子がこの役!?






























ビックリ!
てっきり、まちゃまちゃあたりがやっているのかと、調べるまで思っていました、、、






















そんなこんな地獄を味わう神木君。
そんなに苦ではなさそうで、なによりも、事故で生き残ったかもしれない、片思いの彼女が生きているかもしれない事で、気持ちを確認したいことで頭がいっぱい。
その為に、転生転生を繰り返し、現世に戻る為、頑張ります。

地獄のバンド対決で認められれば、天国に行けるという話が舞い降りる。

ただ未だかつて、地獄から天国へいけた人は居ないとの事。

そのライバルとして現れたのが、現世で神木君を慕っていた、女装している皆川さん。













↑ 皆川さん  ↓  女装した皆川さん




このあたり、内容というよりは、この人めっちゃおもろかったですw


謎のコードを取得し、バンドで認められた神木君は、いざ天国へ、、、





いままで天国って、どんなところだろうって考えたことも無かったけど、
実際、映画に描かれているような世界だったりしてw

天国に行って、毎日、毎日楽しいことが有るんだろうか?
何もかも自由で、なんでも好きなことが出来てたら、そのうち飽きちゃいそう、、、

楽しいこともしなくていいくらい、煩悩がなくなるんでしょうかね?



映画に描かれているような天国と地獄であれば、地獄も楽しいのかも?
痛い系のバツは嫌ですけど


 宮藤官九郎好きだし最高でした!
和田靖弘の評価としましては、★5点中★3.5

コメント

このブログの人気の投稿

和田靖弘監督の「美女と野獣」を見てきた

和田靖弘の「シン・ゴジラ」を観てみた